幻の牛肉、倉石牛

倉石村(現新郷村)で、放牧されている牛たちです今日の、ご紹介は、幻の牛と言われる、倉石牛です

最初から、海とは、かけはなれた、スタートです

この、倉石牛の歴史、”倉石”って言う名前は、青森県の南、十和田湖の近くの

倉石村(現、新郷村)が、産地と言う事で、つけられた名前です

現在の、出荷量は、年間300頭以下と、とても少なく、幻の牛と、言われる由縁です

この、倉石牛、元々、生産量は、少なく、まして、生産者が、丹精込めて、育てているため

少数しか、生産できません。

肉質は、とても、柔らかく、しかも、ジューシーで、口の中に入れたとたんに、肉汁が、広がります

焼いてよし、しゃぶしゃぶ、鍋、・・・

これ以上の、牛肉は、日本では、数えるほどしか、無いっと言えるでしょう。

調理方法は、素材が、完璧な分、簡単です

是非、あなたも、幻の牛を、お試し下さい。


【あおもり倉石牛・極上A5等級】年間出荷数わずか300頭のみ!数々の賞に輝いた日本一の黒毛和牛をお届けします。【サーロインステーキ200g】

【あおもり倉石牛・極上A5等級】年間出荷数わずか300頭のみ!数々の賞に輝いた日本一の黒毛和牛をお届けします。【サーロインステーキ200g】

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • はてなブックマーク - 幻の牛肉、倉石牛
  • Share on Facebook
  • Post to Google Buzz
  • Bookmark this on Yahoo Bookmark
  • Bookmark this on Livedoor Clip
  • Share on FriendFeed

カテゴリー: 幻の、倉石牛、最高の牛肉   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">