男鹿の、海も、久しぶりでした。

   こんばんは、

今日は、小さい、まさかり半島(自分で名づけました、ちなみに、大きいのは、下北半島です)
男鹿半島に、行って来ました。

この時期に、男鹿や、岩場の海に行くってことは、目的は、もちろん、サザエや、その他、酒の肴ですね。
5人ほどで、行ったのですが、あいにくの雨模様?
出発前に、どうするか、話したら
「どうせ、濡れるんだから、カンケーねーべよ!」ってことで、出発。
約一時間で、目的地に、到着!
さっそく、雨が、パラパラ落ちてきたので、持ってきた、ターフを、張って、その下で、着替えました。
しっかし、どこに行っても、汚いですねー
ゴミなどが、散乱してる、まあこれは、現地で捨てられたものだけじゃなくて、漂流物なんかも、あると思いますけど、でも、そのままにしてある、焚き火のあと、おつまみの、食いかけ、こんなものは、ここで、そのまま捨てられたと、思いますけど、なんとも、思わないんでしょうかねー。
たぶん、この捨てていった人たちも、来たときは、
「なんだよー、ゴミくらい、片付けていけよなー」って思ったはずです。
でも、帰りは、同じことをして・・・・・・
みなさん、海って言うのは、世界と、つながっています。
その辺に捨てても、どこに、いくか、分からないんです。
ゴミは、持ち帰るように、しましょうね。

それで、潜っては、見たけれど、さっぱり、獲れません。
そのうち、誰かが見つけると、その人の近くに、また近くに、ってしまいには、みんなが、同じ場所に、・・・・
一時ころまでで、大きめの、ボールで、一つ位になったところで、雨の勢いが、強くなってきたので、もう止めて、ターフのしたで、着替えて、宴会場へ(^o^)

私のうちから、車だと、やはり、10分位の、友達の家です。
もちろん、彼も、一緒に”サザエとり”に行きました。
あっ、よく、あまり無いからといって、小さくて、とっても食べれないようなものも、持っていく人が、いますが、止めてくださいね。
今は、食べられなくても、もう、2~3年すれば、りっぱに、なりますから。
乱獲は、止めましょう、あと、食べきれないだけ、持っていくのも、止めましょう
足りない、位が、一番おいしいんですから!!
小さいのは、獲らない、あんまり獲りすぎたら、余計な分は、海に帰す、これ鉄則です。

本当は、男鹿の殆どの海では、漁業権の、無い人は、取っちゃいけないことに、なってるんですけど、そこは、漁協も、目をつぶってるらしいですね。

ってわけで、宴会場(っていっても、友達の家です)で、サザエの壷焼きで、一杯ですね。
いやー、今年、初めての、自前のサザエですから、味は格別でした。
あまり、大きくないけど、おいしかったですよ。
って言っても、一人の分け前が、2個づつだったけど。

それで、さっき、代行で、帰ってきました。

やっぱり、久しぶりに、海に入ると、疲れますね。
ウチに帰ってきたら、”ドッ”と、来ました。

では、明日は、仕事ってことで、もう休みます

おやすみなさい

最後まで、お付き合い、ありがとうございます。

宮崎の牛やブタたちに
日本の酪農のために
支援を、お願いします

LOVE WRAPPING MIYAZAKI

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • はてなブックマーク - 男鹿の、海も、久しぶりでした。
  • Share on Facebook
  • Post to Google Buzz
  • Bookmark this on Yahoo Bookmark
  • Bookmark this on Livedoor Clip
  • Share on FriendFeed

カテゴリー: 北海の幸, 秋田の出来事   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">