むうばぶるたいぷーmovabletype5

  こんばんは

やっと、金曜日ですね。

今日で、今週の仕事も、終わりました。
皆さんの、いるところは、いかがでしょうか??
っていうのも、ここ秋田県では、例年には、ないほど、寒い!!
今日も、最高気温が、10度ですよ。
五月も、10日だというのに、10度ですよ。
これじゃあ、3月の気温ですよ

それで、全国的に、こういう調子なにかなーっと、思いまして、
まったく、こまったものですね
異常に、高くなったり、異常に低くなったりで・・・
でも、自然は、人間なんかの事は、考えてくれませんからねー

ところで、私も、ムーバブルタイプが、5になって、それまでより、簡易で、
しかも、高機能に、なったということで、経験してみるかってことで、
とりあえず、一つだけ、作って見ました。

WordPressや、Xoopsだったら、しょっちゅう作ってるんですが、ムーバブルタイプは
初めてなものですので、見当違いの事を、書いたりしてるようでしたら、ご注意お願いします。
さて、本題に、はいりましょう
 今回初めて、MTを、インストールしたわけですが、私は、以前の事は、全く判りません?
5が、初めてなので、それを、考慮しながら、読んでもらえれば、・・・・・・・・・
まず、アップロード、インストール作業は、共に、WordPressと、さして難易度は、変わらないですね。
ただ、一度だけ、ハマリました。
 mt-check.cgiの、チェックのところで、この画面が、全く出てこない???
”500”画面だけが、やるたびに出て来て・・・
 でも、これは、ネットで検索して解決しました。
パーミッションと、mt-config.cgiの、問題でした。
インストールは、MTの、公式サイトを、見ながら、やったんですが、
その中には、mt-config.cgiのことは、無かったように、思います。
おかしいなあ??とは、おもったんだよね。
WordPressでも、wp-config.phpって言う、環境設定ファイルが、あります。
だから、あれっ、なんで、環境設定もしないで、イキナリ、インストール???って
思ったんだよねー
 でも、MTは、環境設定も、インストールと一緒に、やっちゃうのかな??っと、勝手な考えで、まずは、インストールへと
この勝手な考えが間違いでした。そのファイルのことで、約2時間、立ち往生しました。
 あのサイトが無ければ、まーだ、立ち往生状態だったでしょう。
 MTジャパン??さま、私のように、まるっきり、初めてって言う人も、中にはいます。
そこのところを、加味して、マニュアルを、作ってもらえれば、なお一層、ありがたいのですが・・

あとは、ファイルの、パーミッションを、一つ一つ、かくにんしながら、やりました。

あとは、WordPressのPHPを、MTの、cgiに、代えて読めば、いいだけ??でした。

さて、インストールして、初記事を書いた感想を、いいますね。
WordPressも、いいけど、MTは、違ったよさが、あります。
まず、つくりが、非常に、丁寧です。
ひと言でいえば、WordPressは、農夫か、土方って感じで、MTは、料理人か、美容師ってかんじかな??
WordPressは、荒々しいけど、MTは、繊細かつ、上品ってかんじですね。
ただ、私の好みで言えば、やっぱり、私は、土方か農夫の方が、少し、好きかなって感じです。
でも、これは、好みとか、あとは、仕事で使う方は、その関係もあるでしょうし、
個人個人の、ケースに合わせていけば、いいと思います。

あっと、長くなりますねー
あまり、長くなると、嫌われるから、細部は、また次回ってことで・・・

では、長々と、お付き合いありがとうございます。

みなさん、良い週末を、お楽しみください。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • はてなブックマーク - むうばぶるたいぷーmovabletype5
  • Share on Facebook
  • Post to Google Buzz
  • Bookmark this on Yahoo Bookmark
  • Bookmark this on Livedoor Clip
  • Share on FriendFeed

カテゴリー: 北海の幸, 秋田の出来事   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">