発電、電力、電気について

こんばんは??かな?こんにちはの方も、いらっしゃるでしょう
新しいカテゴリを追加しました
”発電問題”です
このカテゴリでは、資源が乏しい、日本に、おいて
どういった、発電、電気需要方法が、適しているのか
私なりに、考えてみたいと思います
私は、頭脳も、人並み??で、電力技術の専門知識も、持っていませんが
たいていの、日本人は、私と、同じような、人間だと思って、書きます
専門家の方が、読まれましたら
「これは、おかしい」とか
「あんた、間違ってるよ」とか
ご意見も、承ります
あくまで、私、個人の思っていることなので、
もしコメント等、お寄せに、なる際は、お手柔らかにおねがいします

資源の無い、日本に、一番適していると言われた発電方法
それが、原子力発電でした
でも、これは、あくまで、原子力発電が、安全だという
幻想の上に成り立っていたもので、
現在では、福島原発の事故によって
日本の原発の安全神話は、もう完全に崩壊しました
元々、原子力なんて、人間が制御出来る力ではありません
一部の、人間が、そう思っているだけ・・としか思えないですね
日本の原発が、安全と言うのは、世界に比べての話です
確かに、日本の原発は、世界一でしょうけれど
その世界(欧米諸国)は、とっくに、脱・原発を推進しています
チェルノブイリ事故で、深刻化した、ヨーロッパでは特に顕著です
原発を、風力、水力、太陽光・・・・・などの
自然エネルギーに、切り替えています
これは、私が思うには、
原子力は、そのリスクが、大きいと言わざるを、えません
火力発電所みたいに、
老朽化したから、停止させて、すぐ解体・・・処分
と、いうわけには、いきません
たとえ、発電を、停止しても
放射線が、人間の許容量になるまでに
何も、出来ません!
何百年?も、発電してない、原子炉を管理しなければなりません
これは、チェルノブイリを、見れば分かると思います
事故が、起きたのは、1986年です
それから、25年経った、今でも、周辺は、高い放射線濃度が検出されています
一度の事故で、死の土地と、なってしまったんです
あと、何年すれば、また、人が、住めるようになるんでしょうね?
それが、今、日本でも、進行中なんです

話は、変わりますが
管内閣の、原発再稼働・・・・
難しい問題ですが、
日本には、残念ですが、それに代わる、手段はありません
電気が無い生活なんて出来ませんよね
私も、3月の地震で、電気の、ありがたさを、
しみじみ、感じた一人です
もし、電力が無くなったら・・・
日本って国は、原料を輸入して、それを輸出する
いわば、加工する工場という、国です
もし、その加工するためのエネルギーである、電力が無くなったら
日本は、180度、変わるでしょう
貧しい方に・・・

私は、原発立地地域のみなさんには、申し訳ないと、思いますが
再稼働には、原則、賛成です
しかし、それと、平行して、原子力に代わる
エネルギーの、開発??って言うより
整備を、即急に進める、必要があります
”もう、遅い”ってことは、ない
エネルギーは、自然の中に、無尽蔵にあるのだから
それを、エネルギー(電力)として使う、工夫が必要です
原子力と、いえども、無尽蔵では、ないですから
いずれは、やらなければ、ならないこと
それが、急速に迫っただけです
でも、この電力を、整備する・・・っていうのも
結局は、財力ですよね
しかも、途方もない、お金が、必要です
管内閣に、その力は、あるのか?
っていうより、もう内閣レベルの問題ではありません
日本に、その力は、あるのかって事に、なります

長く、なりましたが、今回は、ここまでです

最後に、
私は、原子力は、人間が、使うべきでは、なかったと、思います
でも、いまさら、そんなこと言っても・・・・ですよね
人間は、いつでも、自身の力では、どうにもならないことを
”神の力””神の領域”・・・とか、言ってきました
自然災害も、その通りです
でも、この、原子力も、そうではないでしょうか?
人間が、決して、触れてはいけないものの、一つだったのかも知れません
自分の身近に迫って、つくづく、そう思います
でも、悲しいですね
そう思っても、他に、方法がないのって・・

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • はてなブックマーク - 発電、電力、電気について
  • Share on Facebook
  • Post to Google Buzz
  • Bookmark this on Yahoo Bookmark
  • Bookmark this on Livedoor Clip
  • Share on FriendFeed

カテゴリー: 発電問題   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">