クジラ、日本も、やっと

  こんにちは

この間の、雪には、ビックリしましたが、
秋田も、そろそろ春って感じになってきました。

ところで、チョーうれしいニュースが、
飛び交っていますねー

あの、シーシェパードを、日本の海上保安庁が、逮捕したってニュースです。
話せば、長くなるはなしですから、なるべく短めに・・

大体、なぜ、クジラを、禁猟・・マグロを禁猟
するんだ、っていう話から
もともと、クジラ資源??は、たくさんあったんですよ。
それが、どうして今、騒いでいるんでしょう。
日本人が、いーーーーぱい、食べたから??
ちがいます。

これも、欧米の、せいなんですよ。
日本人は、生活のために、クジラをとります。
そして、そのクジラは、大切に、扱います。
まず、油を取り、そして食用、・・・・数え上げればキリが、ありません。
でも、欧米では、まず、クジラは、食べません!
昔からです、唯一クジラを食用に、していたのが、
良く知っている、バイキング・・・とかですよね!
北欧の一部でしか、食べられていませんでした>現在もそうでしょう。
なぜ、クジラが、激減したのか・・・
欧米が、ただ、クジラの油だけを取って、あとは、捨てていたからです。
どう思いますか、このことについて?。

自分らが、取っているときは、何も言わずに、
代替資源が見つかったとたんに、自然保護を、カサに着て、騒ぐ。
これじゃあ、ただの、ワガママですよね。
自分らが、激減させたクジラを、現在も、大切に、している者に、もう取るな。
は、子供の、論理としかいえません。
実際、日本人、北欧人ほど、クジラを、大切に扱ってきた人間は世界中何処を見ても、いないでしょう。
当然です、自分達の食料なんですから、粗末に扱うわけがない!!

しかも、捕鯨に反対してる国は、どこも、昔、クジラを粗末にしてきた国ばかり。
どことは、言いませんが、国際問題になっては、私も・・・・

日本人は、どこかの国と違って、何でも、限りがあるってことを知っています。
無くなるまで、獲るなんて事は、今はしないでしょう!
無くなって困るのは、自分らですから・・・

私は、どうしても、納得が、いかないことがあります。
その一つが、なぜ、北欧の、ある国には、食用としての、捕鯨権が、認められているのに、同じ、昔から、クジラを、食用としている、日本には、認められないのか??不思議ですよね??
世界保護種指定なら、世界中、同じでは、ないでしょうか?
 北欧の国が、どうだとかは、言いませんが、一つの国に、認めたなら、同じ条件である、日本にも、認められるべきだと、思いますがねー
 南ア○リカでは、ありませんが、それも、白人だからですか??
って風に、なりますよね。
まあ、このことには、ある思惑が、あるっと、断言せざるを、得ないんですがねー
今は、そのことに、言及しないで。

この辺を、もう少し考えを、正してもらわなければ、なりません。

どこかの国では、シーシェパードの、行為を
 ”テロ”だと、認めていますが、同時に
 ”しょうがない、テロ””認めざるを得ないテロ”とも、
はっきり、言ってます。
 一国が、認める”テロ”って、なんですか??
”テロ”は、国際条約で、禁止されてるんじゃあないんですか??

この、不条理な、ことに、日本が、立ち上がった。
これは、うれしいことです。

私は、クジラ業者とは、何のかかわりもありませんから。
ただ、一クジラ好きな、男としての、たわごとです。

昔は、クジラ缶よりも、サバ缶の方が、高価だったんですよ。
クジラの価格も、うなぎのぼりに、上がって、そのおかげで、巨額の金を得たものも、実際にいます。

長くなりました。
つい、熱くなりますねー
この続きは、また今度、・・・また、あるでしょうから。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • はてなブックマーク - クジラ、日本も、やっと
  • Share on Facebook
  • Post to Google Buzz
  • Bookmark this on Yahoo Bookmark
  • Bookmark this on Livedoor Clip
  • Share on FriendFeed

カテゴリー: 秋田の出来事   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">