月別アーカイブ: 7月 2010

花火と言えば、大曲ですが

今日は、仕事は、休みです。 ついに、あと、一ヵ月後に迫りましたね。 大曲の花火 正式名称は、「第84回大曲全国花火競技大会」です。 名前のとおり、全国の花火師たちが、ウデを競う、花火大会です。 秋田県の人なら、秋田の、夏の、終わりを告げるものとして、 感じる人も、多いのでは、ないでしょうか。 私は、この、大曲から、 普段で、約一時間強、離れているところに住んでいますが、 この、8月の第四土曜日・・この日だけは、大曲方面には、 近づきたく、ありませんねー、 県内の方なら、思いは、皆、同じだと、思います。 (花火を、見る人は、ベツですよ!) この日ばかりは、大曲(現在は大仙市)の、人口??が、 数倍以上になる日ですから。 去年の統計で、大仙市(内大曲約3万5千人)の人口約9万人 花火の、観光客約35~40万人ってことです。 それが、大仙市全体じゃなく 大曲の、雄物川河川敷に、集結する日です。 たった、一日の、動員数としては、秋田県では、トップクラスですね。 って言うより、あとは、知りません。 東北三大祭に、入ってる、 竿灯祭でさえ、4日間開催の、 過去最高が、140万人って事ですから 日本人の、花火に対する、思いって、すごいですね。 しかも、今年は、開催(1910年)から100年目です どうして、84回なのに、100年目??? っと不思議に、思う方も、いらっしゃるかと思いますが、 それは、戦争や、災害で、開催されなかった年があるからです。 大曲の花火は、こちらで、ご覧ください。 第84回、大曲全国花火競技大会オフィシャルサイト このサイトを見れば、大曲の花火のことは、大体わかると、思います。 ここで、花火見物に、いらっしゃる方に、一言、アドバイスを。 この花火大会、まあ、どこでも、同じだと、思うんですが、 問題は、”渋滞”ですよねー 大曲に来るときは、まあ渋滞も、ありますが、 ”来るとき”って言うのは、それぞれ、前日、とか、数日前とか、 あまり、集中してないんですけど。 開催間際(当日夕方とか)でない限り 結構スイスイ、来れると、思います … 続きを読む

カテゴリー: 東北の、夏, 秋田の出来事 | コメントをどうぞ